移植後の症状と妊娠判定

妊娠記録

移植から、妊娠判定までの期間の症状

妊娠しているかどうかの血液検査は9日後でした。その間薬はずっと継続して飲み続けていました。

移植から0日目

カテーテルの影響からか、すこしお腹がじんわりと痛かったです。移植した日には「ワタリガニのパスタをたべる」というジンクスがありましたが、特に気にせず、好きなものを食べていました。

甘いものをずっと我慢していたので、ケーキを食べたことを覚えています。

移植から1日目

下腹部が痛かったです。前の日から抗生剤を飲まなければならなかったのに、うっかり忘れて、この日から開始しました。

移植から2日目

生理がきそうな下腹部痛。もうずっと薬で生理を止めてる状態だから、あたりまえかぁと思っていました。この日あたりから情緒に乱れが…生理前みたいなPMSみたいな症状がありました。

移植から3日目

この日は頭痛が発生しました。滅多に頭痛になることがないタイプなのですが、この日は気温も高かったため、そのせいかなぁと思ったりもしました。

移植から5日目

移植から4日目は特に何もなく、5日目は腹痛で朝方目が覚めました。これもPMSの症状と似ていたので、やっぱりうまくいかなかったかなぁと思っていました。そしてお菓子がどうしても食べたくなってしまい大量摂取…自己嫌悪が凄かったです。

移植から6日目

この日も腹痛で朝方に目が覚めました。いよいよ生理がくるかなぁと思っていました。そして胸の縁にじんわりとした痛みが現れました。

移植から7日目

このあたりからしんどさがアップ。頭痛、腹痛、イライラ。PMSの症状フルコース。さらに、水っぽいおりものが大量に出る。子宮が伸びてる感じがする。PMSの症状が多すぎたため、子宮の伸びた感じは思い込みだと言い聞かせていました。

移植から8日目

7日目と同じ症状。さらに足の付け根が張ってる感じと、ストンと落ちる感じの立ち眩みが発生。胸も大きくなり、これはもしかして妊娠してる…?それとも薬の影響??と訳が分からない状態でした。あまり期待しすぎもよくないため、「気のせい」「思い込み」と考えていました。

移植から9日目(判定日)

しんどさが継続。PMS症状も継続。メンタルもブレブレで、病院に行く途中になぜか泣き出すという情緒の乱れっぷりでした。

妊娠判定

病院で判定日を待つ前にフライング検査をする人もいますが、私はやりませんでした。

本当はやりたかったけど、旦那に「どうせわかることなんだから、やらなくてよくない?」と言われ、確かにそうだよな~と思い、我慢しました(笑)

判定検査の当日は「どうせ妊娠していないだろう」と思っていました。血液検査が終わり、先生のお部屋に呼ばれてすぐ

「うん、妊娠してますね~」

「ええ!?妊娠してるんですか!?」

「してますよ~hcg(妊娠したときに出るホルモン)値が138ありましたね。50が合格ラインなので、ちゃんと妊娠しています」

あのへんなPMSの症状は妊娠の症状だったんだなぁと思いました。

まさか1回の採卵と、移植で妊娠できると思わなかったので、ただただ驚いて唖然としていました。

ただ、妊娠というものは、「壁」というものがあり、血液検査で妊娠してるとわかっても、「胎嚢の確認」「心拍の確認1回/2回」と確認が取れないと、手放しで喜べないんですよね…

ひとまず喜びましたが、すぐ冷静になり、「次は胎嚢を確認できなきゃいけない。」と次の段階について考えていました。

タイトルとURLをコピーしました